著者 佐藤 昭太

一戸建ての設計デザイン、中古マンションのリノベーションデザインなどを行う建築設計事務所「ショセット建築設計室」のウェブサイトを制作しました。 北欧的な、暮らしを大切にする価値観を持った人に向け、”そこにいるだけで幸せに思える家づくり& […]
non-standard worldの考えるウェブデザインについて、第1回「ミニマルデザインの根底にある思考」では、 余白に関するnon-standard worldのデザイン観について、第2回「日本文化の伝統に在る余白」では、このデザイン観に影 […]
こんにちは、アートディレクターの佐藤です。 今日は、私のデザイン観において影響を受けている日本伝統文化の余白を重んじる価値観について、いくつかの例を紹介したいと思います。 絵画芸術の余白 土佐光起の言葉 江戸時代、土佐派の絵師である土佐光起は『本 […]
シリコンバレーで近年注目を集めているという、茶の湯や禅の思想。 あるいは、故スティーブ・ジョブズ氏が若かりし頃より影響を受けたという、禅寺の庭園をはじめとした禅文化。 世界をリードするIT産業最先端の地で、「間 (ま)」や「余白」を重んじ、心の豊 […]
アパレルブランド『zechia』のウェブサイトに、2013SSコレクションを追加しました。 昨シーズンより、スマートフォンでアクセスした際には、専用ページを表示するよう変更しています。 光の意識(Rilis)と影の意識(Kilad)をテーマにした […]
1933年創業の友行園芸場が運営する門松専門店「門松の販売と通販『日本の門松』」オンラインショップを制作しました。 吟味した素材を用い、熟練の職人による手作りの本格門松であることを伝えるため、素材や技など商品の背後にあるストーリーまで紹介するコン […]
「スペイン」篇 最終回の今回は、再びバルセロナに戻ります。 バルセロナ最大の市場、サンジョセップ市場へ。 市場の近くを散歩。 バルセロナ現代美術館(MACBA)もこの近所。 路地を入ったところには、カンペールがプロデュースするホテル「Hotel […]
マドリードから、飛行機で南スペインの都市マラガへ。 そしてマラガから、地中海沿いの道をバスで東へ向かい、”地中海のバルコニー”と呼ばれている小さな町、ネルハに到着します。 最初、地中海のバルコニーなんて大げさなと思っていた […]
前回に引き続いて、バルセロナ街歩き。 カンペールの店舗がたくさんあります。 ミロ美術館。 FCバルセロナのホームスタジアム、カンプ・ノウへ。 バルセロナから、今度はマドリードへ飛びます。 マドリードもスペインの強い日射し。 プラド美術館前の並木道 […]
スペインに行ってきたのは先月、2012年9月の中旬。 アイスランド篇が8年前のことだったので、今月は取れたての旅行記をお届けします。 今回の旅は、バルセロナを中心に、マドリード、そして南スペインのフリヒリアナにも足を伸ばしました。 現在、日本から […]
首都近郊とはいえ、レイキャビックを出るとすぐに、手つかずの自然が広がります。 他の地域に比べると、木も生えて、少し牧歌的な雰囲気のある景色。ここは、930年に世界初の民主議会が開かれたÞingvellir(シングベットリル) 。 本来、海の底にあ […]
人の手が入らない自然の中を行く一本道、国道1号線の旅はまだまだ続きます。 どこか別の惑星のような地形や、ひっそりとたたずむ家屋。 ちなみにこの時、車がマーチだったのですが、常に対比がおかしなことになってます(笑)。 突然現れる滝。自然のままに、柵 […]
レンタカーでレイキャビックを離れる前に、ふと思い立ち、シガー・ロスのスタジオのある村に足を伸ばしました。 レイキャビックからバスで40分ほどの、Álafoss(アラフォス)という場所。 少し走ると、すぐそばにはびっくりするような景色が広がっていま […]
東京都副知事・作家、猪瀬直樹氏の公式サイトを制作しました。 清新で強いリーダーとしての猪瀬氏のイメージと、その多面的な人間像を伝えるサイト構成とデザインになっています。 猪瀬氏本人の声がリアルタイムかつダイレクトに届くよう、ニコニコチャンネル、T […]
今月から始まる、non-standard worldの各メンバーによる週刊連載シリーズ。 9月の佐藤担当の回は、旅行記シリーズ第1弾「アイスランド」篇をお送りします。 仕事柄、旅先で写真をたくさん撮るので、写真満載でお届けします。 アイスランドに […]