美しく、機能性があり、
物語が伝わるECサイトを、
クライアント様の「ために」ではなく、
クライアント様と「ともに」つくる

私たちは、Shopifyに特化した
共創型デザインファームです

Shopify Experts

私たちはShopify社に認定されたエキスパートです

service

shopify consulting
& development
Shopifyコンサルティング、サイト構築

コンサルティング、デザイン、実装まで、自社にて一気通貫で対応します。

service1 ヘッドレスコマース形式の
Shopify ECサイト制作

Shopifyを使用した次世代EC「ヘッドレスコマース」技術とは?
海外のD2Cと呼ばれるテクノロジーを重視した製造小売で標準となっている次世代型のEC技術で、データ(バックエンド)とデザイン(フロントエンド)の分離が特徴的なECサイトの作りです。

ヘッドレスコマースが
もたらすもの

  1. 最高の顧客体験
    ヘッドレスコマースではデザインとデータが切り離された作りにより、デザインの自由度が上がることに加え、PC、タブレット、スマホ、SNS、店舗などお客様との接点が多角化している時代に、それぞれの接点で最高の体験をデザインすることができます。
  2. 拡大しやすく、変更、改善しやすいサイト
    従来型のECサイトでは、テレビへの露出などでアクセスが急増した場合に落ちてしまったり、ECサイトのリニューアルが失敗して長期間サイトが停止したりすることがありますが、ヘッドレスでは高速で負荷に強いサーバーでサイトを配信できるので、ECサイトが成長してもサイトが落ちてしまったりすることはありません。
    また開発者による開発効率が良くなるので、お客さまの反応、社会情勢、ビジネスの状況によってサイトを柔軟に変更することが可能です。
  3. 他のシステムとの自由な連携
    ECは経営の総合芸術と呼ばれるとおり、ECに関わるシステムは単にオンラインショップの仕組みだけではなく、コンテンツ制作のためのシステム、受注管理のためのシステム、お客さまサポートのためのシステム、発送のためのシステムなど、様々なシステムと連携する必要があります。
    ヘッドレスコマースでは様々なシステムとAPIを介して柔軟に連携することが可能です。それにより、例えば今までは難しかった同一ドメイン、同一ページでのShopifyとWordPressの併用が可能になります。
  4. 高速、安全
    ヘッドレス形式では、非常に高速なサイトを作ることが可能です。
    「サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上する」と言われるとおり、高速であることはECサイトの売上に直結します。また、高速なサイトは検索エンジンの上位に表示されやすくなり、集客にも効果があります。 さらにデザインとデータを分離することで、サイバー攻撃を受けるポイントを減らすことができ、結果として従来型の仕組みよりセキュリティが向上し、運用メンテナンスコストが下がります。

事例

自社の出版レーベル 、yori.so publishingサイトです。ぜひヘッドレスの速さや体験を実感してみてください。

service2 Shopifyテーマ形式の
ECサイト構築

service3 業務オペレーション効率化のための
アプリケーション導入支援

service4 Shopifyテクニカルコンサルティング

service5 商品撮影、コンテンツ制作支援

Shopifyサイト構築の流れ

ビジネスの成長のためにはサイト公開後の仮説検証と継続的な改善が重要という考えから、まずは3ヶ月程度で初回リリースまでいく(そのために要件を絞る)かたちをお勧めしています。

month1

1week

初回ヒアリング
  • リーンキャンバスの作成
  • 概要のヒアリング

ビジネスの全体像を把握するため、リーンキャンバスと呼ばれるビジネスモデルを一枚図にまとめた表を作成します。

1week

デザインスプリント
  • 長期目標、課題の洗い出し
  • カスタマージャーニーマップの作成
  • 専門家や担当者へのヒアリング
  • アイデア出し、決定
  • ストーリーボードの作成

高速で仮説検証を行えるよう、Google提唱のデザインスプリントというフレームワークに基づき2日間でECサイトのラフスケッチ(ストーリーボード)まで作成します。経営・現場両方の視点を取り入れながら、全員が自分事化してプロジェクトに関われる効果があります。

month2

3week

プロトタイプの作成
  • ペーパープロトタイプの作成
  • Adobe XD または Shopify 既存テーマを使用しプロトタイプを作成

ユーザーインタビューを行うため、前工程で作成したストーリーボードをもとに触れるプロトタイプを作成します。

1week

ユーザーインタビュー
  • ユーザーにプロトタイプを使ってもらい、改善点を洗い出す

実際のユーザー(あるいはそれに近い属性の人)5名ほどにプロトタイプを触ってもらい、その様子を観察、インタビューすることでプロトタイプの改善点を洗い出します。プロジェクトメンバーの思いもよらない学びがあり、サイトの磨き込みに欠かせないプロセスです。

month3

3week

デザイン
  • オリジナルテーマの場合には、プロトタイプをもとにデザイン制作
  • 既存テーマの場合には、微調整および本番画像、原稿への差し替えなど

オリジナルテーマの場合には、前工程までで作成した骨格(プロトタイプ)に肉付けをするように、ブランドの世界観が伝わるデザインを制作します。既存テーマ利用の場合には、プロトタイプで作成したサイトを調整、本番画像や原稿への差し替えを行います。

コンテンツ内製化支援
  • 商品写真撮影の内製化、商品やブログ原稿の内製化を支援

お客様社内でコンテンツ制作を行う運用体制の場合、クオリティを一定以上に保つためのガイドライン作成とアドバイスを行います。

1week

デザイン修正
  • 必要に応じて、デザインの修正
決済方法、配送方法の決定
  • 決済方法、配送方法の決定

3week

実装
  • Shopifyテーマ、アプリの実装

オリジナルテーマの場合、テーマ・アプリの実装を行います。開発工数のかかるアプリの場合には、フェーズを分けるなどして基本的には3ヶ月以内での初回リリースを目指します。

month4

to be continued

ローンチ
  • ストアの公開
グロースハック
  • 分析と改善

アクセス解析やユーザーインタビューなど、定量・定性の両面からサイトの分析を行い、サイトの改善を継続的に実施します。

awards

Shopify Partner
of the Year 2021

Shopify様が国内数千社以上の制作パートナーの中から、特に活躍の目覚ましかった会社を表彰する「Shopify Partner of the Year 2021」を受賞しました。

price

コンサルティング
12万円〜/月
コンサルティング + サイト構築
36万円〜/月

*最低契約期間:3ヶ月

スポットITコンサルティング
時間単価:1万円

月額定額ポイント制という
制作スタイルについて

以下の図は、IT開発におけるありがちな失敗例を示した有名な図ですが、私たちは「顧客が本当に必要だった物」に近づくため、柔軟に要件を変更できるアジャイル開発というスタイルで開発を行っています。
それに紐付き、請求も「月額定額ポイント制」という形を取らせていただいています。

出典:http://www.projectcartoon.com/cartoon/586

月額定額のご予算をいただき、弊社に依頼できる「ポイント」を購入いただいたうえで、ポイントを使ってタスクを進めます。どのタスクにどういったポイントがかかっているかは、Trelloというツールにより随時見える化しています。 なお、タスクにどれぐらいのポイントがかかるかは難易度×時間によって決定されます。 余ったポイントは原則として翌月に繰り越すことができるので、予算より作業が作業が少ない月でもお客様が損をすることはありません。

Trelloによるタスク進捗、ポイントの見える化の様子

theory

以下の理論をもとにサイト構築を進めます

  1. 正しい問題を設定するデザイン思考
    デザイン思考

    “If I were given one hour to save the planet, I would spend 59 minutes defining the problem and one minute resolving it.”

    「もしも私が地球を救うために1時間の時間を与えられたのだとしたら、59分を問題の定義に使い、1分を解決策の策定に使うだろう」

    アルベルト・アインシュタイン

    正しい問いを立てること。10年間のWebサイト/アプリ制作経験の中で、成功のためにもっとも重要なポイントはそこであると感じています。
    私たちはデザインの考え方をビジネスに応用した「デザイン思考」という手法を使い、Webの利用者を観察し、お客さまの「ため」にではなく、お客さまと「とも」に共創しながら、「正しい問い」を立ててお客さまのWebの利用者を幸せにするお手伝いをします。

  2. 柔軟で素早い開発体制をつくるアジャイル開発
    高度に複雑化、専門化した社会で計画経済が失敗したように、高度に複雑化、専門化した現代のWeb開発では、密室で完璧な計画を立てて実行するより、小さな実験の繰り返しとそこからの学びを取り入れていくことが、コミュニケーションのすれ違いや計画の破綻を防ぎます。アジャイル開発で素早く、透明性の高い形で、そして柔軟に、お客さまのWebの利用者にとって正しいものをつくります。
  3. ビジネスを「作る」のではなく「紡ぐ」エフェクチュエーション

    従来の経営学ではSTP分析を始めとした市場セグメント、ターゲット、自社のポジショニングを決めて事業を作るのが成功への道と考えられてきました。

    しかしながらスターバックスが創業したときアメリカのコーヒー市場は縮小傾向にありました。柿の種は細いせんべいを作ろうとしてできた失敗作、ベビースターラーメンは即席麺をつくる過程でできた副産物です。 私たちは、市場セグメントといった外部の理由から逆算して事業を「作る」のではなく、最新の経営理論で「エフェクチュエーション」と呼ばれる、その会社さんのアイデンティティとはなにか、なにを/誰を知っているのか、社内にどんなリソースがあるのか、それを組み合わせるとどんなことができるのか、といった内部の理由から始めてどんな事業を「紡ぐ」ことができるのかを、クライアント様と一緒に考えます。

お仕事の依頼やご相談は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ