今週のフィーカの風景:越後鶴屋の和菓子

こんにちは。TRANSIT砂漠特集号を衝動買いし、モロッコ再訪意欲が高まっているエンジニアの川島です。

私たちの会社では週に一度、「フィーカ」という、社外にも開かれたおやつの時間を設けています。
業務中にも同僚とコーヒーブレイクを取るというスウェーデンの慣習になぞらえて、そのときどきでシェアオフィスにいるメンバーがゆるく集まり、珈琲やお菓子を摘もうというものです。
フィーカについて詳しく知りたい方は、こちらの記事へどうぞ。 弊社代表の高崎が、取り組みの背景を語っています)

そんなフィーカの風景を、今週も皆さんにお裾分けします。
アイスコーヒーなどを片手に、ゆるりとお読みいただければ幸いです:)

おやつの紹介


今週のフィーカのおやつは、越後鶴屋の豆大福・いちご大福・葛桜と、シェアオフィスメンバーであるカメラマンの高橋さんが作ってきてくださったレモンジャム&塩茹で蓮根(合わせて食べると意外にも美味しいのです!)、タスカフェオーナー岩間さんお手製のパン耳ラスク……と、なんとも豪華な顔ぶれでした。これだけあると流石に食べきれない…!


越後鶴屋さんの大福は、半分にしても一人分くらいの大きさがあるのです!
とても美味しいです、が、昼食を少なめにしておいた方が良かったかもしれません…笑。

こんなことを話しました

この日は、佐藤が撮影したこちらのフィーカ動画について話が弾みました。


こちらは、OSMO POCKETという小型カメラをiPhoneに接続して撮影したものです。手ブレのないスムーズな画面移動はスタビライザー機能によるもので、一昔前なら高額な機材が必要だった撮影手法もこのカメラでは可能なのだとか。
カメラに造詣の深いメンバーが多い中、私はiPhoneで気まぐれに風景を撮るくらいで、レンズなどの専門用語が飛び交い始めるとほとんど付いていけません。弊社ブログ上の写真が妙に下手なときがあったらほぼ私が撮ったものです!笑

さて、そして、この日はフィーカを社外に開放してから初めて、お客さんがいらっしゃいました。
以前から懇意にさせていただいている「暮らしのいろいろ ていねいに、」オーナーの福田さんです。


福田さんは不動産業も手がけており、先日アパートメントホテルをオープンした岩間さんと、西荻の物件情報について盛り上がっていました。
(岩間さんのapartment hotel TASU TOCOは、こちらの西荻案内所のサイトでも詳しく紹介されています。内装がとてもかっこいいです)
他にも、弊社で企画中のWebアプリTherapist Cloudについて、どんな機能があったら特に嬉しいか、それは他業種にも当てはまるのか、など、真面目なお話も。一時間があっという間でした。


福田さんには、ドライフルーツとカカオナッツをお土産に持ってきていただきました。
福田さん、どうもありがとうございました!

ノンスタのフィーカは、社外にも開かれています。
一緒にフィーカしたいな、という方がいらっしゃいましたら、毎週火曜15〜16時頃に、西荻窪のタスカフェへお越しくださいませ。詳細はこちらの記事をご覧ください:)

次回のフィーカの風景は、代表の高崎からご紹介します。