あなたのブランドに、
デジタルの力を

わたしたちは
単なるShopify導入支援会社ではありません。

Shopifyを使用した次世代EC「ヘッドレスコマース」の
技術を取り入れたShopifyサイト制作を中心に、
製造小売業のブランド直販サイトのテクノロジーを
海外D2Cのレベルまで引き上げ、
成功に導くための伴走型デジタル化支援の会社です。

デジタルの力があればあなたのブランドはもっと輝ける。
わたしたちは、そう信じています。

service1 ヘッドレスコマース形式の
Shopify ECサイト制作

Shopifyを使用した次世代EC「ヘッドレスコマース」技術とは?
海外のD2Cと呼ばれるテクノロジーを重視した製造小売で標準となっている次世代型のEC技術で、データ(バックエンド)とデザイン(フロントエンド)の分離が特徴的なECサイトの作りです。

ヘッドレスコマースが
もたらすもの

  1. 最高の顧客体験
    ヘッドレスコマースではデザインとデータが切り離された作りにより、デザインの自由度が上がることに加え、PC、タブレット、スマホ、SNS、店舗などお客様との接点が多角化している時代に、それぞれの接点で最高の体験をデザインすることができます。
  2. 拡大しやすく、変更、改善しやすいサイト
    従来型のECサイトでは、テレビへの露出などでアクセスが急増した場合に落ちてしまったり、ECサイトのリニューアルが失敗して長期間サイトが停止したりすることがありますが、ヘッドレスでは高速で負荷に強いサーバーでサイトを配信できるので、ECサイトが成長してもサイトが落ちてしまったりすることはありません。
    また開発者による開発効率が良くなるので、お客さまの反応、社会情勢、ビジネスの状況によってサイトを柔軟に変更することが可能です。
  3. 他のシステムとの自由な連携
    ECは経営の総合芸術と呼ばれるとおり、ECに関わるシステムは単にオンラインショップの仕組みだけではなく、コンテンツ制作のためのシステム、受注管理のためのシステム、お客さまサポートのためのシステム、発送のためのシステムなど、様々なシステムと連携する必要があります。
    ヘッドレスコマースでは様々なシステムとAPIを介して柔軟に連携することが可能です。それにより、例えば今までは難しかった同一ドメイン、同一ページでのShopifyとWordPressの併用が可能になります。
  4. 高速、安全
    ヘッドレス形式では、非常に高速なサイトを作ることが可能です。
    「サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上する」と言われるとおり、高速であることはECサイトの売上に直結します。また、高速なサイトは検索エンジンの上位に表示されやすくなり、集客にも効果があります。 さらにデザインとデータを分離することで、サイバー攻撃を受けるポイントを減らすことができ、結果として従来型の仕組みよりセキュリティが向上し、運用メンテナンスコストが下がります。

事例

自社の出版レーベル 、yori.so publishingサイトです。ぜひヘッドレスの速さや体験を実感してみてください。

service2 Shopifyを中心とした、ECサイトと
店舗運営のデジタル化

EC/店舗運営に関する業務をヒアリングのうえ、既存のWebサービスや必要に応じた独自アプリの実装によるデジタル化、最適化を提案し、御社スタッフが創造的な仕事に集中できるようにするためのお手伝いをします。

提案例

(実店舗をアポイントメント制で運営しているジュエリーブランド様)

対応可能な業務

自社で対応可能

  • Shopifyのコンサルティング
  • 越境ECを含むShopifyを使ったECサイトのデザイン
  • 越境ECを含むShopifyを使ったECサイトのヘッドレスコマース方式での実装
  • 業務を効率化するオリジナルShopifyアプリの開発
  • CMS(WordPress/Contentful)の導入およびShopifyサイトとの連携
  • マーケティング自動化・お客様サポートツール 「HubSpot」の導入
  • Web分析ツール「Mixpanel」 「Google Analytics」の導入
  • メルマガ配信ツール「Mailchimp」の導入
  • 店頭来店予約システム「Acuity」の導入

パートナー様との
協業で対応可能

  • 日本向け、海外向けのマーケティング、グロースハック
  • ブランディング 紙、パッケージデザイン
  • コンテンツ制作 写真、映像制作
  • テキストコンテンツの英訳

clients

media

staff

CEO
CTO

高崎 健司

代表、CTO。 Art & Tech for Retailをミッションに、美しさとテクノロジーの両立したサイトを作るために精進している。 1983年、千葉県生まれ。2005年、国際基督教大学卒業後、ソフトバンク(株)入社、Web構築の仕事に従事した後、2009年に独立。2011年、non-standard world株式会社を起業。二児の父。福岡への移住経験者。

BiSH大好きな代表
CMO(Chief Marketing Officer)
アートディレクター

佐藤 昭太

CMO(Chief Marketing Officer)/ アートディレクター。1983年、東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業、武蔵野美術大学大学院修了。non-standard worldのデザイナーとしてVOGUE、ELLEなどファッション分野のプロモーションサイトや、美術展・アート分野のWebサイトデザインなどを手がけてきた。

アイス大好きアートディレクター
エンジニア

川島 さやか

フロントエンドエンジニア。1990年、千葉県生まれ。立教大学文学部卒業後、Web業界での勤務を経て、2017年7月よりメンバーに加わる。Webサイト構築のフロント面を担当し、サイト訪問者の体験向上を志した制作を行う。

小説を書くエンジニア

技術顧問

株式会社OTAシステム開発 代表取締役/エンジニア。
1969年、仙台生まれ。大学卒業後に米国系の通信会社に就職し、
日本初の商用インターネットサービス立ち上げにプログラマとして参加。
1998年に独立し、WEBアプリケーションの開発を中心に活動。
2017年に法人化し、株式会社OTAシステム開発を設立。

趣味は家族キャンプ。

わたしたちの
「伴走型月額定額制」 という
制作スタイルについて

クライアントさまの「ため」にではなく、クライアントさまと「とも」に、クラアイント様のお客様を幸せにする伴走型の支援をします。

そのため、Webサイトをひとつ作っていくらという形ではなく、月額定額制でポイントを購入いただき、そのポイントに応じてコンサルティングおよび構築業務を行う「月額定額ポイント購入制度」をとっています。

一般的なWeb制作では最初に要件を固め、請負契約でプロジェクトをいくらという形で料金を決定することが多いです。しかしこの方式には、下記の問題点がありました。

  • 要件を途中で変更できない、変更しようとすると追加料金がかかる
  • 過剰にバッファを乗せた見積額を提示される
  • 利用者にとって正しいものであるかより、要件どおりにできているかが論点になる

Webサイトやアプリの内容が単純だった時代には上記の形式でもうまくいったのですが、高度に複雑化、専門化した現代のWeb開発では、要件自体を柔軟に変更し、そこから学んでいく必要があります。

そのためわたしたちは、月額定額制の業務委託契約で、月ごとに対話を通じて実行することを決める「伴走型のWeb制作スタイル」を採用しており、それにより実績としてもほとんどのお客様がコストダウンを実現しています。

メリット
社内の社員に仕事をお願いするような内製感覚で仕事を依頼できる
ECは月商や社会情勢などの外的要因によってやらなればいけないことが変動するので、要件を柔軟に変更できる
過剰な見積りバッファを取る必要がない
デメリット
お客様側で完全に要件定義ができており、そのとおりに完成させることだけを求めている場合は向かない

料金例

クライアントA様(小売)

課題
価格競争に陥りがちなECモールをやめて、自分たちの世界観を表現した直販サイトを立ち上げたい
実施業務内容
  • 長期目標、現在の課題の抽出
  • 先行事例リサーチ
  • カスタマージャーニーマップの作成
  • 現場スタッフのヒアリング、意見の吸い出し
  • ペーパープロトタイプの作成
  • Shopifyサイトの構築
  • 業務に合わせたShopifyアプリの選定
  • ユーザーインタビューおよびユーザーインタビューをもとにした修正
  • 写真、コンテンツを社内で制作するための内製化支援
  • 配送業務を効率的に行うためのShopifyと倉庫棚番号の設定
  • お客さまサポートのためのCRM(HubSpot)導入
  • G Suiteの導入
契約方法

リリースまで
月額40万円 × 3ヶ月
*リリース、お客さまサポートツール、G suite導入までの費用:120万円

オープン後のコンサル支援
月額5万円

クライアントB様(製造小売)

課題
Shopifyサイトを立ち上げたが、技術的な詳しいことはわからないので、デザイン、技術を相談できるパートナーがほしい
実施業務内容
  • ヘッドレスコマース形式でのリニューアルのプランニング
  • 現行サイトのフロントエンドのデザインカスタマイズ
  • バックヤードスタッフの業務負担軽減のため店舗とオンラインの在庫管理一元化、商品データベースを管理するオリジナルShopifyアプリの提案、構築
契約方法

月額20万〜80万円で、相談内容・作業ボリュームにより増減

FAQ

ヘッドレスコマースサイトの構築はどれぐらいの費用感ですか?
A要件により変動するため幅のある言い方で申し訳ありませんが、300万円〜800万円程度のご予算を確保いただけると幸いです。実際の請求は月額定額ポイント購入制で、月に消化したタスクに応じた形になります。
開発費用の他にヘッドレスコマースサイトの運用にかかる費用はどのくらいですか?
A契約しているShopifyの月額プランの費用や決済手数料、クラウドサーバー代がかかります。
ヘッドレスコマース以外の制作についても相談できますか?
Aはい、クライアント様の要件をヒアリングしてヘッドレスコマースが向いていないと判断した場合はこちらからもテーマを使った通常の制作のご提案をさせていただくことがあります。
Webサイトの完成までいくらかかるか見積もりをいただくことはできますか?
A全体でこの程度かかるという幅をもった費用感は提示することができますが、実際の請求は月額定額ポイント購入制で月に消化したタスクに応じた形になります。また年間ご予算を提示いただければ、その中でできることを提案させていただくことも可能です。
発注量が月額定額に満たなかった場合どうなりますか?
A次の月にポイントが繰り越されますので、お客様が損することはありません。
契約について教えてください
A固定された金額で完成をお約束する請負契約ではなく、月々のご相談、ご依頼により役務を提供する準委任契約になります。

Shopifyサイト構築の流れ

ビジネスの成長のためにはサイト公開後の仮説検証と継続的な改善が重要という考えから、まずは3ヶ月程度で初回リリースまでいく(そのために要件を絞る)かたちをお勧めしています。

month1

1week

初回ヒアリング
  • リーンキャンバスの作成
  • 概要のヒアリング

ビジネスの全体像を把握するため、リーンキャンバスと呼ばれるビジネスモデルを一枚図にまとめた表を作成します。

1week

デザインスプリント
  • 長期目標、課題の洗い出し
  • カスタマージャーニーマップの作成
  • 専門家や担当者へのヒアリング
  • アイデア出し、決定
  • ストーリーボードの作成

高速で仮説検証を行えるよう、Google提唱のデザインスプリントというフレームワークに基づき2日間でECサイトのラフスケッチ(ストーリーボード)まで作成します。経営・現場両方の視点を取り入れながら、全員が自分事化してプロジェクトに関われる効果があります。

month2

3week

プロトタイプの作成
  • ペーパープロトタイプの作成
  • Adobe XD または Shopify 既存テーマを使用しプロトタイプを作成

ユーザーインタビューを行うため、前工程で作成したストーリーボードをもとに触れるプロトタイプを作成します。

1week

ユーザーインタビュー
  • ユーザーにプロトタイプを使ってもらい、改善点を洗い出す

実際のユーザー(あるいはそれに近い属性の人)5名ほどにプロトタイプを触ってもらい、その様子を観察、インタビューすることでプロトタイプの改善点を洗い出します。プロジェクトメンバーの思いもよらない学びがあり、サイトの磨き込みに欠かせないプロセスです。

month3

3week

デザイン
  • オリジナルテーマの場合には、プロトタイプをもとにデザイン制作
  • 既存テーマの場合には、微調整および本番画像、原稿への差し替えなど

オリジナルテーマの場合には、前工程までで作成した骨格(プロトタイプ)に肉付けをするように、ブランドの世界観が伝わるデザインを制作します。既存テーマ利用の場合には、プロトタイプで作成したサイトを調整、本番画像や原稿への差し替えを行います。

コンテンツ内製化支援
  • 商品写真撮影の内製化、商品やブログ原稿の内製化を支援

お客様社内でコンテンツ制作を行う運用体制の場合、クオリティを一定以上に保つためのガイドライン作成とアドバイスを行います。

1week

デザイン修正
  • 必要に応じて、デザインの修正
決済方法、配送方法の決定
  • 決済方法、配送方法の決定

3week

実装
  • Shopifyテーマ、アプリの実装

オリジナルテーマの場合、テーマ・アプリの実装を行います。開発工数のかかるアプリの場合には、フェーズを分けるなどして基本的には3ヶ月以内での初回リリースを目指します。

month4

to be continued

ローンチ
  • ストアの公開
グロースハック
  • 分析と改善

アクセス解析やユーザーインタビューなど、定量・定性の両面からサイトの分析を行い、サイトの改善を継続的に実施します。

代表からのメッセージ

日本にはD2Cという言葉が流行る前から、製造小売という立派なビジネスモデルがありました。

私たちも10年間のWeb制作の経験の中で、製造小売の経営者の方と直接やり取りさせていただく機会がたくさんありましたが、製造小売業に要求される知識が、ブランディング、マーケティング、ファイナンス、エンジニアリング、デザイン、生産管理、仕入れ、在庫管理、物流、店舗管理、接客、カスタマーサポートと膨大な量であり、経営の総合芸術であることをまさに体感してきました。
そして、多くの方が魅力的な世界観と商品を持っているのに、デジタルのことがわからずにつまずいていることも。

今はShopifyという、昔では大企業でなければ使えなかったような機能をもつECの仕組みを個人でも使える値段で利用できる時代になっています。

私たちがShopifyを中心としたデジタルのデザイン、エンジニアリングをともに歩きながらサポートすることで、1社でも多くのデジタルがわからないことで「もったいない」ことになっている会社さまを減らし、海外のD2Cと呼ばれる企業と変わらないレベルまでデジタルのレベルを引き上げること。

そして世界へ羽ばたいていくいくこと。

それがわたしたちの願いであり、使命です。
一緒に切磋琢磨しながら歩みませんか?
わたしたちはいつか、あなたと仕事できる日を楽しみにしています。

non-standard world株式会社
代表取締役
高崎健司

we are

shopify partners

お仕事の依頼やご相談は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ