今週のフィーカの風景:パティスリー・ヒロヤミナミサワの焼き菓子

こんにちは。アイスクリームのサブスクリプションサービスが気になって、夜も眠れないアートディレクターの佐藤です。
私たちの会社では週一回「フィーカ」というおやつの時間を設けており、その様子を持ち回りでご紹介しています(フィーカについて詳しく知りたい方は、こちらの記事へどうぞ。 弊社代表の高崎が、取り組みの背景を語っています)

では早速、今週のフィーカの風景をみなさんにもお裾分けしたいと思います。

おやつの紹介

今回のフィーカのおやつは、パティスリー・ヒロヤミナミサワの焼き菓子と、参加メンバーである写真家の高橋さんが撮影のお土産で買ってきてくれた大阪限定のばかうけでした。

実は西荻窪にはおいしいケーキ屋さんがたくさんあるのですが、パティスリー・ヒロヤミナミサワもその一つ。代表の高崎はここのケーキがお気に入りだそうで、今度はケーキもいただいてみたいものです。

こんなことを話しました

パティスリーの店構えがおしゃれという話から、おしゃれでおいしい周辺のお店ということでタグチベーカリーというパン屋さんの話に。いつも食べ物テーマからスタートしてる気がしますね(笑)。

そして話題は、建築家の岩間さんが運営しているレジデンシャルホテルの話や、夏休みの予定の話に。

小笠原諸島が面白いらしいという話になり、父島・母島に行ったことのある写真家の高橋さんいわく「気候は沖縄に似ているけれど、日本じゃないような別世界」とのこと、俄然興味がわきました。

また弊社高崎が最近、YouTubeとポッドキャストがメディアとして気になるということで、普段どんなコンテンツを見ているのか聞きあったりしました。動画で挙がったのは以下。

・楽器(チェロ)の動画
・ゲーム実況
・サッカーのドリブル技術を紹介した動画
・子どもと一緒にアンパンマン
・カメラや家電のレビュー動画
・伊勢神宮の動画
海外建築メディアの動画
ただひたすら無言で原始的工法を実践する動画

仕事と関係があったり、まったく無かったりで、なかなか面白い発見がありました。
ちなみに僕は、5才の息子と海外アーティストのライブ動画をよく見ています。思えば僕が高校生のころ、西新宿にある海賊版のライブVHSを販売しているお店で1本4000円ぐらいのVHSを買ってました。他にライブ映像を見る手段がなかったんですね。
それを思うと本当、良いコンテンツにアクセスしやすい時代になったものです。

▼今週のフィーカの風景(動画)

ノンスタのフィーカは、社外にも開かれています。
一緒にフィーカしたいな、という方がいらっしゃいましたら、毎週火曜15〜16時頃に、西荻窪のタスカフェへふらっとお越しください。詳細はこちらの記事をご覧ください。

次回のフィーカの風景は、エンジニアの川島からご紹介します。