Windowsで文字化けしない圧縮ファイルをMacで作る方法

Macユーザーの皆さん、メール添付などのためにファイル圧縮するとき、どうしていますか?

Finder右クリックメニューで出てくるデフォルトの圧縮を使う方も多いと思います。でもこの方法、受け取った相手がもしWindowsユーザーだった場合、日本語のファイル名が文字化けしてしまうのです。

さらに、フォルダを圧縮した場合、.DS_StoreというWindowsでは不要なファイルも同梱してしまいます。

それを防ぐためにおすすめな無料ソフトを紹介します。

MacZip4Win

maczip4winicon

MacZip4Winは、Windows環境で開いても文字化けせず、不要なファイルも含まないクリーンなZIPファイルを作成できる圧縮ソフトです。

使い方はいたってシンプル。

圧縮したいファイル、またはフォルダをMacZip4Winのアイコンにドラッグ&ドロップするだけでOKです。

すると、ZIPファイルが同じディレクトリに作成されます。

付加機能として、解凍時にパスワードが必要なZIPファイルも作成できます。

このソフトは現在、作者さんのサイト自体が閉鎖されているのですが、作者さんと親交のあった方が再配布されています。

Mac OS X 10.5.4で動作確認済みとなっていますが、OS X 10.7.3 (Lion)でも問題なく動作しています。

MacWinZipper

macwinzippericon

MacWinZipperも同種の機能を持つソフトです(Mac App Storeでの名称はWinArchiver)。

こちらは圧縮する際、MacWinZipperで圧縮した旨を示すコメントが付加され、解凍時に一部の解凍ソフトでそれが表示されますが、ライセンスを購入するとコメント付加されなくなります。

クライアントに送信したファイルがうっかり文字化けしてた、なんてことがないように、まだ使っていない方にはぜひオススメなソフトです。


2012年2月10日 追記:
上記の各ソフトで作成した圧縮ファイルは、もちろんMacでも問題なく開けます。


お知らせ:あなたのPCを美術館にする壁紙アプリをリリースしました。

私たちの会社では、PCを起動する度に壁紙をアート作品にするアプリ「daily wallpapers*」をリリースしました。
無料ですので、ご興味のある方は下記バナーの特設サイトからダウンロードしてお楽しみください!