FacebookのOGP設定を確認する方法

OGP(Open Graph Protocol)は、FacebookやTwitterなどのSNS上で、外部サイトの情報を表示するための規格です。

これがきちんと設定されていることで、SNS上で外部サイトのURLがシェアされた時、そのサイト(ページ)の情報が、サムネール画像付きで表示されます。

SNSからのサイト流入が増えている昨今、OGPをきちんと設定しておくことはとても重要。今日は、サイトのOGPがきちんと設定されているか、確認する方法をご紹介します。

Facebookデバッガー使用を使用して、OGP設定を確認

Facebookデバッガーとは、OGP情報が正しく設定されているかを確認できる、Facebook公式のツールです。このツールを利用して、OGP設定を確認していきます。

Facebookデバッガー の使い方

1. Facebookデバッガーにアクセスします。
*このツールを使用するには、Facebookにログインが必要です。

2. “シェアデバッガー”の赤枠の入力欄に、確認したいページのURLを入力し、”デバッグ” ボタンを押します。

3. 以下のようなかたちで、OGP情報が表示されます。エラーがある場合には、その内容も表示されます。

OGP情報のキャッシュをクリアする方法

OGP情報は、修正・変更した場合、SNS側にキャッシュが残っていて、しばらく最新の情報が反映されないことがよくあります。

そんなときも、Facebook デバッガーにアクセスして、キャッシュをクリアしたいURLを入力して現在キャッシュされている情報を表示したうえで、「もう一度スクレイピング」をクリックすると、最新情報を取得してくれます。

更新したはずのOGP情報が変わらない時は、上記の方法を試してみてください。
以上、ウェブマスターには必須の「OGP確認方法」のご紹介でした。