Webサイトの常時SSL化が必要な理由:SSL未対応の場合、2018年7月24日(火)リリースのChromeから「保護されていない通信」と表示

こんにちは。non-standard world の佐藤です。

Webについてのニュースなどに触れていると、Webサイトの「SSL化」という言葉を耳にする方も多いと思いますが、それって本当に必要なの?と思ってしまいますよね。

実はWebブラウザ「Google Chrome(クローム)」の2018年7月24日(火)リリース予定のバージョン68より、常時SSLが未対応のWebサイト(httpサイト)を開くと、アドレスバーに【保護されていない通信】という警告が表示されるようになるのです。

「Google Chrome」は現在、国内で40%前後のシェアがあるブラウザであり、警告表示が出ることはWebサイトの信頼性担保に影響があるため、これまで必要性を迷われていた方も、Webサイトの「常時SSL化」をおすすめします。

常時SSLとは

常時SSLとは、WebサイトのすべてのページをSSL化(暗号化)することです。
これにより、盗聴や改ざんなどのセキュリティ対策や、ウェブサイト表示の高速化、さらにSEO(検索エンジン対策)でも有利となるメリットがあります。

この件についてのGoogleの発表

私たちはここ数年間、サイトでHTTPSによる暗号化を採用するよう強く働きかけることによって、保護されたウェブを目指してきました。そして昨年は、「保護されていません」と表示されるHTTPページを徐々に増やすことによって、HTTPサイトが保護されていないことをユーザーに理解してもらうよう努めてきました。2018年7月にChrome 68がリリースされると、すべてのHTTPサイトに「保護されていません」と表示されるようになります。

Googleウェブマスター向け公式ブログ「保護されたウェブの普及を目指して」より引用

上記のように、Googleとしても以前からHTTPSによる暗号化、つまりSSL化を推進しており、SSL化には、セキュリティ向上効果のみならずSEO面での利点など様々なメリットもあることから、Webサイトの「常時SSL化」がおすすめです。

ぜひ、検討してみてください。


コーポレートサイト担当者のお悩み募集中です!
コーポレートサイト担当者のお悩み募集中です!

コーポレートサイト担当者のお悩み解決!」 のコーナーでは、企業のWeb担当者さまが普段から抱えている疑問・質問を一般募集しております。
ご質問を弊社ブログにて紹介させていただいた方には、オリジナルのポストカードセットをプレゼント。
下記の「ご意見ご感想 送信フォーム」より、どんな小さな疑問でもお気軽にお寄せください。
*ブログ掲載時に、質問者様の会社名やお名前が公開されることはありませんのでご安心ください。

ポストカードセットのイメージ
*絵柄、内容は変わる場合がございます