WordPressで実装したフォームのメール送信を「SMTP方式」にするべき理由

こんにちは、non-standard worldの佐藤です。

WordPressで構築したサイトで「問い合わせフォーム」を設置している場合、メールの送信方式についてデフォルトの方式を利用していませんか?

実はこの方式、メールがユーザー側で「迷惑メールフォルダ」に振り分けられしまう可能性がある方式なのです。もしかすると、フォーム送信完了時にユーザー側に送られる「自動返信メール」が不達になっているかもしれないので、注意が必要です。

デフォルトの方式でメールの不達が発生する理由

デフォルトのメール送信方式は、php mail()関数(Sendmail)という方式ですが、この場合、メール受信側のサーバーによっては「送信元を偽装した不正なメール」として認識され、迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性が出てくるのです。

メール送信方式は「SMTP方式」に

このような不達問題を防ぐためには、メール送信方式を、SMTPメールサーバーを利用する方式に変更する必要があります。

方法としては、プラグイン「WP Mail SMTP」を導入して、下記の設定画面でSMTPの情報を設定します。

ユーザーとの大切な接点である問い合わせの自動返信メールについては、ぜひSMTP方式を導入することをおすすめします。

また、万が一メール送信に不具合が起きた場合にフォーム送信内容の取りこぼしを防ぐためにも、データベース上に送信内容を記録するプラグインの導入もおすすめです。併せて導入を検討してみてください。


コーポレートサイト担当者のお悩み募集中です!
コーポレートサイト担当者のお悩み募集中です!

コーポレートサイト担当者のお悩み解決!」 のコーナーでは、企業のWeb担当者さまが普段から抱えている疑問・質問を一般募集しております。
ご質問を弊社ブログにて紹介させていただいた方には、オリジナルのポストカードセットをプレゼント。
下記の「ご意見ご感想 送信フォーム」より、どんな小さな疑問でもお気軽にお寄せください。
*ブログ掲載時に、質問者様の会社名やお名前が公開されることはありませんのでご安心ください。

ポストカードセットのイメージ
*絵柄、内容は変わる場合がございます